受取人と被保険者の見直しの注意点

生命保険に加入している人は多く、いくつかの保険に平行して加入している人も多い事かと思いますが、死亡保険に関して誰が保険金の受取人で、誰が被保険者であるかという契約内容を覚えているでしょうか。税金に大きく関わって来ますので、必ず注意が必要になりますので簡単にご説明致します。

生命保険契約時に死亡保障等の死亡保険金の金額に関しては事前に確認した事があるかもしれませんが、あくまでも死亡保険金は受け取る事が出来る金額であって、そこにはまだ税金が差し引かれてはいません。税金を差し引いた金額を知っておく事で実際にどれだけの金額を受け取る事が出来るのかを知る事が出来ます。しかし、保険契約時の契約内容によって異なりますので、まずは保険契約者と保険金受取人等の人物も確認する必要があります。人が異なったり、契約内容によって相続税や所得税、贈与税とかかる税金の種類も変わってますし、徴収される金額も変わって来ます。もし現在契約している死亡保険等がある方は一度保険契約者等も確認しどれほどの金額が徴収されるのか、どういった控除を受ける事が出来るのかを確認する事で保険金を受け取る人の実際の手元に入る金額を計る事が出来ます。

Comments are closed.