死亡保険金と税金

保険に関しては多くの人が加入をしており、保険料金を毎月支払っている人も多い事でしょう。例えば、生命保険の死亡保障に関して、死亡保険金の税金に関しては知っているでしょうか。生命保険の契約者と被保険者と保険金受取人によって保険金を受け取ったときの税金が変わって来ます。大きく分けて三つの税金が存在していますので一つ一つ説明して行きます。

 
まずは契約者も被保険者が同じであり受取人が相続人の場合、もしくは受取人が相続人以外の場合は相続税の対象となります。相続税の場合は法定相続人の数に応じて非課税金額もありますので注意が必要です。次に生命保険の契約者も被保険者も保険金受取人もすべて違う人の場合は贈与税の対象となります。最後に、保険契約者と受取人が同じで被保険者だけが違う場合には所得税の対象となります。一言で保険金と言っても税金の契約内容によっては税金が3つに分かれて来ますので、同様に課税金額も変わって来ます。実際に誰が保険金を受け取る事が出来るのか、そしてどの種類の税金がかかるのか、どれぐらいの税金が徴収されるのかを事前に知っておく事で、保険金を受け取る事が出来る遺族にも伝える事が出来ますので、保険契約の前に必ず確認しておきましょう。

Comments are closed.