満期保険金と税金

現代の日本には数多くの生命保険が存在しており、多くの人が生命保険に加入してる事と思いますが、契約した当時の契約内容を明確に覚えているでしょうか。すでに数十年経過している人等は今一度契約内容の確認をしましょう。保険の契約内容によっては満期保険金を受け取る事が出来る契約にしている場合もあれば、受け取る事が出来ない契約になっている事もあります。もし受け取る事が出来る契約内容にしているのであれば、受け取った際の税金に関してまで事前に知っておきましょう。満期時に受取る事が出来る保険金の課税関係は、契約内容によって異なり、所得税や贈与税の対象となり各種税金が課税される事になります。

 
例えば生命保険の契約者と被保険者と保険金受取人が同じ場合は一時所得として所得税の課税対象となります。次に契約者と被保険者と受取人がすべて異なる場合や、保険金受取人だけ違う場合、そして契約者だけが異なる場合には贈与税の課税対象となります。この様に契約内容によって課税される税金の種類が異なりますので、つまり控除額や税額も異なってくる事になります。最終的に手元に入ってくる金額も同じく変わって来ますので、今一度実際の金額を確認する事をお勧めします。

Comments are closed.