保険期間の見直し

バスケットボール04

個人的に保険会社で保険をかける場合、生命保険・医療保険には、次の二つの型の保険があります。受けられる保障が一生涯、死ぬまで続くタイプの「終身型」の保険と、受けられる保証が一定の期間のみのタイプの「定期型」の保険です。

 
終身型の保険は毎月の保険料が高めの設定で、定期型の保険は毎月の保険料が低めの設定です。終身型は保険料は高いですが、その代わりにずっと保険料は上がりません。反対に定期型は保険料が安いですが、更新のたびに年齢が高くなる分、保険料もだんだんと上がっていきます。

 
年を取ってくると何かとお金がかかってしまい、保険料が上がるのは家計に大きな負担となります。そのため更新の前に、保険期間の見直しをしておきましょう。子どもがまだ小さいので、自分が万が一、不慮の事故や病気で死亡したときに、残される家族が困らないように、死亡保障の厚い保険に入っていたが、もう子供も成人したので必要がない、など今の状況に保険の保障が合っているか照らしてみて、続けるか検討することをおすすめします。

 
定期型の保険はその契約期間が満了すると、自動更新されてしまうので、保険の見直しを忘れてしまいがちです。契約が終わる時期をチェックしておいて、自動更新のままにせず、きちんと見直しをしてみてはいかがでしょうか。

Comments are closed.