解約返戻金の見直し

日本人の多くは生命保険に加入しており、もしもの時に備えている人も多い事でしょう。しかし生命保険に関して、多くの人が明確な知識を持たず契約しているケースが多い事も事実です。生命保険には定期保険や終身保険等の種類があり、近年各社テレビコマーシャル等で放映されている様に、保険契約の種類も非常に増えて来ました。そのため契約している生命保険を解約した際にもらう事の出来る、解約返戻金の額も多種多様になっていますので、一度明確な金額を算出した上で、見直す必要がある人は見直す事をお勧めします。

 
そもそも生命保険会社が企業として運営出来る理由をご存知でしょうか。大きく分けて3つの予定率を基礎にして保険料金を決定しています。予定死亡率、予定事業比率、予定利率の3つです。最後の予定利率ですが、保険会社が各個人から保険料を集め、その保険料を財源に運用しその運用によって得た利益を予想し保険料金を決めています。あまり聞き慣れない言葉かもしれませんが、保険を知る上では非常に重要な要素なります。予定利率より実際の運用収入が高い場合、配当として契約者に還元される場合もありますので、保険の種類そのものに関しても知っておく事で、自信にあった保険を見つける事が出来るでしょう。

Comments are closed.