Author Archive

満期保険金と税金

現代の日本には数多くの生命保険が存在しており、多くの人が生命保険に加入してる事と思いますが、契約した当時の契約内容を明確に覚えているでしょうか。すでに数十年経過している人等は今一度契約内容の確認をしましょう。保険の契約内容によっては満期保険金を受け取る事が出来る契約にしている場合もあれば、受け取る事が出来ない契約になっている事もあります。もし受け取る事が出来る契約内容にしているのであれば、受け取った際の税金に関してまで事前に知っておきましょう。満期時に受取る事が出来る保険金の課税関係は、契約内容によって異なり、所得税や贈与税の対象となり各種税金が課税される事になります。

 
例えば生命保険の契約者と被保険者と保険金受取人が同じ場合は一時所得として所得税の課税対象となります。次に契約者と被保険者と受取人がすべて異なる場合や、保険金受取人だけ違う場合、そして契約者だけが異なる場合には贈与税の課税対象となります。この様に契約内容によって課税される税金の種類が異なりますので、つまり控除額や税額も異なってくる事になります。最終的に手元に入ってくる金額も同じく変わって来ますので、今一度実際の金額を確認する事をお勧めします。

死亡保険金と税金

保険に関しては多くの人が加入をしており、保険料金を毎月支払っている人も多い事でしょう。例えば、生命保険の死亡保障に関して、死亡保険金の税金に関しては知っているでしょうか。生命保険の契約者と被保険者と保険金受取人によって保険金を受け取ったときの税金が変わって来ます。大きく分けて三つの税金が存在していますので一つ一つ説明して行きます。

 
まずは契約者も被保険者が同じであり受取人が相続人の場合、もしくは受取人が相続人以外の場合は相続税の対象となります。相続税の場合は法定相続人の数に応じて非課税金額もありますので注意が必要です。次に生命保険の契約者も被保険者も保険金受取人もすべて違う人の場合は贈与税の対象となります。最後に、保険契約者と受取人が同じで被保険者だけが違う場合には所得税の対象となります。一言で保険金と言っても税金の契約内容によっては税金が3つに分かれて来ますので、同様に課税金額も変わって来ます。実際に誰が保険金を受け取る事が出来るのか、そしてどの種類の税金がかかるのか、どれぐらいの税金が徴収されるのかを事前に知っておく事で、保険金を受け取る事が出来る遺族にも伝える事が出来ますので、保険契約の前に必ず確認しておきましょう。

受取人と被保険者の見直しの注意点

生命保険に加入している人は多く、いくつかの保険に平行して加入している人も多い事かと思いますが、死亡保険に関して誰が保険金の受取人で、誰が被保険者であるかという契約内容を覚えているでしょうか。税金に大きく関わって来ますので、必ず注意が必要になりますので簡単にご説明致します。

生命保険契約時に死亡保障等の死亡保険金の金額に関しては事前に確認した事があるかもしれませんが、あくまでも死亡保険金は受け取る事が出来る金額であって、そこにはまだ税金が差し引かれてはいません。税金を差し引いた金額を知っておく事で実際にどれだけの金額を受け取る事が出来るのかを知る事が出来ます。しかし、保険契約時の契約内容によって異なりますので、まずは保険契約者と保険金受取人等の人物も確認する必要があります。人が異なったり、契約内容によって相続税や所得税、贈与税とかかる税金の種類も変わってますし、徴収される金額も変わって来ます。もし現在契約している死亡保険等がある方は一度保険契約者等も確認しどれほどの金額が徴収されるのか、どういった控除を受ける事が出来るのかを確認する事で保険金を受け取る人の実際の手元に入る金額を計る事が出来ます。

解約返戻金の見直し

日本人の多くは生命保険に加入しており、もしもの時に備えている人も多い事でしょう。しかし生命保険に関して、多くの人が明確な知識を持たず契約しているケースが多い事も事実です。生命保険には定期保険や終身保険等の種類があり、近年各社テレビコマーシャル等で放映されている様に、保険契約の種類も非常に増えて来ました。そのため契約している生命保険を解約した際にもらう事の出来る、解約返戻金の額も多種多様になっていますので、一度明確な金額を算出した上で、見直す必要がある人は見直す事をお勧めします。

 
そもそも生命保険会社が企業として運営出来る理由をご存知でしょうか。大きく分けて3つの予定率を基礎にして保険料金を決定しています。予定死亡率、予定事業比率、予定利率の3つです。最後の予定利率ですが、保険会社が各個人から保険料を集め、その保険料を財源に運用しその運用によって得た利益を予想し保険料金を決めています。あまり聞き慣れない言葉かもしれませんが、保険を知る上では非常に重要な要素なります。予定利率より実際の運用収入が高い場合、配当として契約者に還元される場合もありますので、保険の種類そのものに関しても知っておく事で、自信にあった保険を見つける事が出来るでしょう。

保険料払込期間の見直し

 

保険料払込期間とは、その保険の保障期間に関係なく、保険料の支払いを義務付けられている期間のことです。

 

例えば、終身保険で支払いは加入時から満60歳までとなっている場合には、この満60歳までの期間を払込期間といっています。

この期間は、当然のことながら毎月定期的に保険料が引き落とされていきますので、家計の状況によってはかなりのダメージにもなり得ます。

保険料の払込期間というのは、契約の途中で見直しをすることもできますので、例えば子供が小さいうちに多少保険料が増額になっても支払いを多めにして、子供が進学して教育費の負担が大きくなった頃に、保険料の支払いを無くしてしまうという方法もあります。

 

また、一括して前納する方法もあります。いずれにしても、払込期間が短いほどトータルの支払金額は安くなりますので、余裕資金がある場合にはまとまった金額を先に支払った方が良いでしょう。

 

中には途中で毎月の金額を変更したり、残っている払込期間分の支払いを一括で行えるようなところもありますが、支払方法の細かい内容については保険会社によっても異なりますので、契約時にどのような払込期間の見直しが可能か、担当者に相談しておきましょう。

保険料の見直し

生命保険に関しては、人生の中大きな買い物の一つと言われる程、トータルすると非常に多くの金額を支払う事になります。

 

しかし、契約内容によっては途中解約する事で解約返戻金が発生しない等のリスクを持ち合わせている事もありますので、保険料の見直しに関して気が引ける方もいらっしゃるかもしれませんが、自信の収入にあった保険に見直す事でより自分にあった保険内容と保険金額になる事もありますので、一度検討している人は見直しをしてみる事をお勧め致します。長期的に関わって行く事になりますので、今の段階で見直す事で将来的により効果的な保険に加入出来る可能性もあります。

 
多くの人が月額決まった金額を支払う契約にて生命保険に加入している事が多いかと思いますが、月額料金にも定額の契約もあれば年齢によって金額が上下していく契約等様々ありますが、必ず基準に考えるべき点として自信の収入から無理の無い金額であるかどうかという点に必ず注目しましょう。今現在は無理のない金額内にて支払えていても、将来的に収入が減る可能性もありますので、その際に月々の支払いが困難になってしまえば意味がありません。現在と将来の両面の視点から考える事で、保険の支払う金額を決定する様にしましょう。

保険期間の見直し

バスケットボール04

個人的に保険会社で保険をかける場合、生命保険・医療保険には、次の二つの型の保険があります。受けられる保障が一生涯、死ぬまで続くタイプの「終身型」の保険と、受けられる保証が一定の期間のみのタイプの「定期型」の保険です。

 
終身型の保険は毎月の保険料が高めの設定で、定期型の保険は毎月の保険料が低めの設定です。終身型は保険料は高いですが、その代わりにずっと保険料は上がりません。反対に定期型は保険料が安いですが、更新のたびに年齢が高くなる分、保険料もだんだんと上がっていきます。

 
年を取ってくると何かとお金がかかってしまい、保険料が上がるのは家計に大きな負担となります。そのため更新の前に、保険期間の見直しをしておきましょう。子どもがまだ小さいので、自分が万が一、不慮の事故や病気で死亡したときに、残される家族が困らないように、死亡保障の厚い保険に入っていたが、もう子供も成人したので必要がない、など今の状況に保険の保障が合っているか照らしてみて、続けるか検討することをおすすめします。

 
定期型の保険はその契約期間が満了すると、自動更新されてしまうので、保険の見直しを忘れてしまいがちです。契約が終わる時期をチェックしておいて、自動更新のままにせず、きちんと見直しをしてみてはいかがでしょうか。

保障額の見直し

保険に加入している人の中でも、自分が加入している商品の内容について正確に把握している人というのはかなり数が限られています。ほとんどの人が、必要性を感じた時にその保障が含まれている保険に追加で加入したり、乗り換えたりしていますが、複数の保険に加入している人の場合には特に、特約が重複していて、保険額が補償内容に比べて割高になっていることも少なくありません。保険というのは、不足している必要資金を補うために加入するものですが、何かあった時には遺族年金や高額療養費制度などの国の補助もありますので、これらと保障が重複しないように見直しておきましょう。

 
また、同じ世帯でも家族構成が変わったり、子供の年齢の変化によって必要な補償額は変化していきます。子供が小さく、配偶者がパートや専業主婦の場合には死亡保障が多目に必要ですが、子供が独立したら死亡保障よりも、医療費などの保障を充実させた方が安心です。また、癌のように先進医療に国の認定が追い付かないような治療に関しては、できるだけ新しい保険に加入しておいた方がよいでしょう。保険の見直しのタイミングはライフイベントの大きな変化ですが、今では無料で相談に乗ってくれるところもたくさんあります。

保険証券の見方

どのような内容のものであっても、保険契約を締結した場合は、保険の内容についての詳細が記載された書面を受け取ることになります。手続きなどは保険会社によって異なっているのですが、書面に記載されている内容は、おおむね共通しているものです。保険の内容について記載された書面のことを、保険証券と呼びます。見方を正確に理解しておくと、自分の加入している保険についての情報が分かりやすくなります。

 

 

書面に記載されている内容は、保険に関して保険会社に問い合わせをするような場面で必要になります。書面を紛失しないように、適切に管理することが大切です。記載されているのは、加入している保険が、どのような場合に保障を受けられるのか、支払ってもらえる保険金の金額、満期、月々の保険料などといった、重要な情報ばかりです。正確な見方を知っておかなければなりません。

 

 

しかし、難しい内容が書かれた書面ではないので、ポイントを掴んでおけば、見方を理解することは容易です。保険料や保険金など、重要なポイントがいくつかあるので、その部分を重点的に理解するように努めるべきです。詳細な見方については、保険会社に問い合わせることで説明を受けられます。